おもしろ、たのしく、元気よく!

自然をリスペクトして、自然と仲良く遊びましょ!

クリックで
記事が開きます

edit-notes16.png 2017.11.11.

クリックで
記事が開きます

edit-notes16.png 2017.10.31.

クリックで
記事が開きます

edit-notes16.png 2017.09.25.

クリックで
記事が開きます

edit-notes16.png 2017.09.07.

 

秋の霊仙山

秋の霊仙山

IMG_3201_20171111065021c27.jpg 

夏はヒル地獄となる霊仙山

でも、秋はとっても快適な山です。

IMG_3133_201711110644371a0.jpg 

大混雑必至なので前夜泊し、朝7時に出発!
(下山してみるとやっぱり路駐の嵐でした…)

IMG_3159.jpg 

IMG_3173.jpg

最初は多少急登となりますが、紅葉の中を歩きます。

春先は新緑の森林浴になりそう。

IMG_3174_2017111106444120d.jpg 

そして、樹林帯を越えると景色が変わります。

IMG_3197.jpg 

標高1000mそこそこで、この景観は素晴らしい。

IMG_3183.jpg 

IMG_3195.jpg 

途中、ガスりもしたけれど、それもまたおかし。

IMG_3189.jpg 

登り3時間、下り2時間半

休憩しながらゆっくり登りましたが、コースタイム通りで歩けました。

IMG_3203.jpg 

下山時、8合目で休憩しようとしたら先に休憩している団体さんに、「蓮華さんですか~」と声をかけられてビックリ!

姉妹園の学童「えのみっこクラブ」ご一行さまでした。

その姿を見ていると、「蓮華も学童で繋げていかないといけないな」と思いました。

IMG_3211.jpg 

さくらさくらんぼという素晴らしい保育で、育だちあった子供たち

小学生になって離れ離れで疎遠になってしまってはもったいない。

今年度から夏休み期間のみ学童が立ち上がったが、一年を通して繋げていけたらいい。

IMG_3219.jpg

IMG_3232.jpg

春にはフクジュソウが咲く霊仙山

その時は蓮華学童で行きたいと思います。

スポンサーサイト
Guide
 
 

今秋

今秋

IMG_2946.jpg 

10月前半、今秋は栂池へ

栂池の紅葉は若干おわりかけ…?

IMG_2974.jpg 

それでも楽しい紅葉ハイキングです。

紅葉のホントにいい時期ってのは賞味3日ってとこだな。

IMG_2976.jpg 

が故に貴重


そして、雨飾高原キャンプ場

IMG_3000.jpg 

IMG_3015.jpg 

気持ちよくて良いキャンプ場でした。


翌日は鎌池散策

IMG_3070.jpg 

IMG_3062.jpg

紅葉には少し早かったようですが、周囲はブナに埋め尽くされていました。

IMG_3112.jpg


そして敬愛する野俣氏訪問

P_20171009_132411.jpg

「ほおづき」なるものをいただきました。

IMG_3122.jpg

独特な味で美味しいです。

 IMG_3117.jpg

今回も充実した秋旅になりました。


PA210168.jpg 

しかし、その数日後、第3子ハル君が川崎病で入院…

後遺症も残らなそうで10日間ほどで退院できましたが、何が起こるかわからないってこのこと。

IMG_3131_201710312219521c6.jpg 

上の子二人は、それぞれ小学校と保育園の準備を勝手にやってくれるから助かる。

「自分のことは自分でやる」 さくらさくらんぼ保育のおかげです。

家族五人でなんとか危機を脱出できそうです。

Guide
 
 

御在所中尾根

御在所中尾根

安室奈美恵の引退に、さみしさと懐かしさを感じる今日この頃…

娘の帰りを待つ時間「抱きしめたい」を聞きたくなる私、高〇一生です。

P9250525.jpg 

くそ暑い夏も終わり行ってきました御在所中尾根

平日の渋滞にはまらないように朝5時に出発


順調に歩みを進めるも、たどり着いたのは中尾根P4の2ピッチめのところ…

しかたなく1ピッチめの取り付きに懸垂で降り、そのまま合理的にトップロープで1ピッチ目をクライムオン!


P9250507.jpg 

ノーリスクで快適なクライミングでありました。


P3 Ⅴ級

ナチプロなのでプロテクション問題は付きまとうものの快適でありました。

P9250511.jpg 


P2の1ピッチ目

P9250515.jpg 

アブミでの取り付きと出だしが核心で、けっこう際どいムーブを強いられました。

後半はⅣ級

P2の2ピッチ目はⅤ級で、とくに問題なし。


P1はⅤ+

チムニー、ナチプロでトポ的には最難関

で、けっこう湿ってる。

それを言い訳にあまり登られていないということだろうか…

一瞬ネガティブな思いが頭をよぎりましたが、要所要所でピンがあったので思ったよりは問題ありませんでした。

P9250523.jpg 

ビレイ中、「ぬお、むごご…、ふぅ。 ぬぁ! ふぅ。」というセカンドの声を聴きながら

平日の静かな前尾根を眺めながら「平和だなぁ」と思いにふける。

P9250520-001.jpg 


結局、P2の1ピッチ目が一番きびしかったなぁ。

終始、秋晴れの空に恵まれ月曜日の一日でした。


Guide
 
 

滝谷~ドーム中央稜~

滝谷~ドーム中央稜~

「鳥も通わぬ滝谷」へ

1505187259412.jpg 

一日目の天気は最高

でも、二日目以降は下り坂なので、なるべく巻きで行動を進める。

涸沢までは4時間半、かなり疲弊しつつも14時には北穂テント場へ到着

1505187408338.jpg 

それからドーム中央稜線の取り付きをまでの下降点を偵察

そして、明日のクライミングの成功を祈りつつ就寝


二日目は明るくなってきてから行動開始

東の空には晴れ間も見えるものの、滝谷からは雲が沸き強く冷たい風が吹く

P_20170911_070500.jpg 

「この状態でビレイはキツいな」と思いながらも取付まで到着


1505192576864.jpg 

風を避けれるところで案外寒くはなかったけど、ガスガスで登っている仲間の姿も見えにくい状態

1505187556934.jpg 

晴れていればさぞかし爽快な眺めだろうと思いつつ高度を上げる。

 1505187520138.jpg

湿っぽい岩のせいかグレードよりは辛く感じましたが、無事に5ピッチを終了

巻き巻きで行動したので11時にはテント場へ戻るも、その頃には雨がポツポツ

当初は二泊三日の予定でしたが、「頑張れば今日中に上高地に戻れるんじゃない」ってことで中国大返し張りの勢いで下山

結果、北穂から5時間半で上高地まで戻り、16時半のバスに間に合いました。


アルパインクライミング

何がいいのか説明不能の世界ですが、

「今この瞬間に強烈なスポットライトを当てる」という生き方をするならば、僕にとってはこういう形になるのです。


Guide
 
 

逃がした魚は…

逃がした魚は…

職場の共済会で安くホテルがとれたので、大阪に行ってきました。

IMG_2817.jpg 

歴史好きの長男ということで、まず大阪城へ。

IMG_2841.jpg 

ゆっくり回ったけど、2時間くらいで終わってしまったので海遊館へ。

IMG_2865.jpg 

その後は道頓堀でタコ焼きを5店はしごしました。

IMG_2873.jpg

IMG_2877.jpg 

そして、大阪城の見えるホテルでのんびり過ごしました。


当初は二日間かけて大阪を楽しもうと思っていたけど、

一日目で行きたかったとこ終わっちゃったので、二日目は奈良の大仏へ。

IMG_2884.jpg 

IMG_2888.jpg 

最後は伊賀の上野城に寄って帰りました。

まあ、たまにはこういうのもいいかなぁ。


そして、翌週はテンカラ釣りに行ってきました。

今まで沢登りのついでに竿を振ってみたことはあったけど、釣りをメインで楽しむのは初めてでした。

しかし、一時間以上竿を降り続けれるも全くあたりなし…

「ホントにこんなんで釣れるのか…」と思っていた矢先、急にガツン!

始めは岩に引っ掛けたかと思いました。

でも、そのあと糸が右へ左へ。

竿は折れんばかりにしなり、釣りあげようにも持ち上がらない。

勢いよく暴れる魚をなんとか必死に足元まで引き寄せると、大きく美しい渓流魚の姿!

タモを持っていなかったので、なんとか手でつかまえようとした瞬間ブチっと糸が切れました。

この時、僕は魚以上にテンパっていたでしょう。

そして、嬉しくて悔しくて涙でそうでした。

写真は撮れなかったけど、心のフィルムには深くやきつきました。


気を取り直してまた竿を振ると、すぐにあたり

今度はスルッと上がりました。

「ということは、やはりさっきのは大きかったんだなぁ」

そう思うと、また悔しくて嬉しくて…

P9050284.jpg 

ともかく、小ぶりながらも初のヤマメをゲットしました。

どうやら渓流釣りの魅力にやられそうです。


Guide
 

Menu

画像Clickで記事ページ

検索フォーム

キーワードで記事を検索

 

プロフィール

いっちまん

Author:いっちまん
好きなこと:旅をすること 岩を登ること 波に乗ること 山に登ること 映画を観ること 本を読むこと 写真を撮ること 珈琲を飲むこと

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索