おもしろ、たのしく、元気よく!

自然をリスペクトして、自然と仲良く遊びましょ!

クリックで
記事が開きます

edit-notes16.png 2018.05.07.

クリックで
記事が開きます

edit-notes16.png 2018.04.09.

クリックで
記事が開きます

edit-notes16.png 2018.03.08.

クリックで
記事が開きます

edit-notes16.png 2018.02.24.

クリックで
記事が開きます

edit-notes16.png 2018.01.22.

 

劔ピーク

劔ピーク

P5010582-001.jpg 

劔のピークを踏んできました。

当初の計画としては一昨年のリベンジで北方稜線でしたが、

核心部である三日目の天気が荒れる予報で

エスケープとして考えていた池谷ルンゼの雪が繋がっていなく

また、最後は落石集まってくるのゴルジュ帯となっているということで

予定変更で早月尾根から劔のピークを目指すことになりました。


一日目は昼頃に早月小屋に到着

時間を持て余すことになるがパーティーの疲労度を考えてここまで

風もなく暖かったので外でのんびり過ごしました。

P5010663.jpg 

二日目の早朝から劔のピークを目指します。

P5010670.jpg

始めは曇りがちだったけど、次第に青空が出てきました。

P5010680.jpg

P5010689.jpg 

劔沢との分岐の手前でいやらしいところがあったけど、特にロープを出すことなく順調に高度を上げる。

P5010690.jpg 

そして、劔ピークからの劔沢

この眺めは夏もいいけど、積雪期も雄大だね。

P5010691.jpg 

八ツ峰

P5010694.jpg 

ホントはこっちから来たかった北方稜線

風もなく快適な劔山頂でした。

P5010704.jpg 

帰りは2700m付近でロープを一回出しました。

P5010707.jpg 

早月小屋からは2時間半で馬場島に到着しました。


北方稜線を諦める決断をするときは悔しい思いをしたけど、今考えると的確な判断ができたと思います。

アルパインは常に判断の繰返しです。

そんな時に信頼して相談しあえるメンバーは心強いものです。

アルパインの成功の秘訣はやっぱりパーティーですね。


IMG_4001_201805072304208d5.jpg 

GW後半はキャンピングカーの試乗をさせてもらいました。

それまで、別に試乗はいいかなと思ってたけど、このおかげでイメージがきちんと湧いてきました。

「これはやっぱり俺にとって人生で一番の旅になる。」と思いました。

僕のワクワクセンサーはかつてないほどに反応しています。

IMG_4005.jpg 


一方で、自然の摂理か、ぶっとんだことをしようとすると賛否はやはり分かれる。

少数だけど快く思ってくれない人もいる。

でも、その人たちには迷惑をかけることになるから、ホント申し訳ありませんというしかない。


だけれども、人生は一度きりだきりだから、やりたいことやらなくちゃダメだよね。

もし、僕がやりたいことをやらない人生を過ごしてたら、子供たちもそれを見ているわけだよね。

子供たちには、やりたいことをやりたいようにやって生きてほしいよね。

だったら、背中で見せないとね。

それを見て、子供たちに「あぁ、やりたいことやればいいんだ。」って思ってもらいたいよね。

子供にこうなってほしいと思うなら、まずは自分がそうなる。

僕の人生の価値観を変えてくれた人から教わったことです。


スポンサーサイト
Guide
 
 

花咲く

花咲く

ついにこの時がきました。

 _O4A6230.jpg

真心 卒園…

IMG_3960.jpg 

イエローナイフでオーロラを見に行くバスの中、一人の初老の人に会いました。
その人は言いました。

「人にとって一番大事なものはなんだと思う? それは真心だよ。」


IMG_3950_20180409222756ea3.jpg 


でも、真心を込めるってのはことは簡単ではない。

なぜなら、そこに偽りがあってはいけないから

無理があってはいけないから


IMG_3961.jpg


真心といのは真の心なのです。

ありのままの自分でいて、その上でどれだけ人に真心を込められるか。

そのためには人格的により良く、時には強くなくてはならないのです。


真の子ことで生きられるように、君を「真心」と名付けました。


IMG_3962.jpg 



小さい時からずっと、父ちゃんにべったりで甘えん坊だった君が、

年長生活を通して少しずつ自立していく姿にちょっと寂しくて

素敵に成長していく姿に嬉しくて


I proud of you…

この一年間、何度そう思ったことだろう。


IMG_3978.jpg 


蓮華の生活を通して、これだけの幸せをくれた君だから

これから先もし、思春期がきて父ちゃんを毛嫌いする時が、

もし万が一きたとしても、きっと父ちゃんは耐えられるはずです


そして、いつまでも君は、父ちゃんにとってMy Specialです。


卒園、おめでとう!


IMG_3841.jpg
IMG_3856.jpg


今年も春がきました。

IMG_3900.jpg 

今年はちょっと大きな家族旅行を計画しています。

IMG_3897.jpg 

それは僕の人生でも最高の旅になります。

 IMG_3886.jpg

この先きっと、自分だけで好きなところを旅するチャンスはあると思う。

だけど、家族5人でとなると、人生80年と考えてもチャンスはこの年しかないと思ってます。

IMG_3889.jpg

If that trip is best trip in my life,how much is it worth?

Guide
 
 

子育ての環境

子育ての環境

お姉ちゃんはもうすぐ卒園で

その陰に隠れているわけではないけれど、下の僕ちゃんも大きくなってます。

IMG_3597.jpg 

もう赤ちゃんじゃないね。

IMG_3607.jpg 

でも、寝てる姿はまだまだ赤ちゃん

IMG_3615.jpg 

君のおかげでもう一回、蓮華で子育てを楽しめます。



人は他者との関わり合いで成長します。

生まれてからは、まず初めに母親と関わりながら成長します。

しかし、1歳を過ぎた頃から母親だけとの関係では、それまで以上刺激が得られなくなるそうです。

故に、この頃から家庭以外の環境で他者との関わり合いを持つことが大切です。

ただし、良い環境で…

蓮華という素晴らしい環境で子育てができることは幸せです。

蓮華をより多くの人に知ってもらいたいと思います。

そして、子育てをおもっきり楽しんで、より良い人生を歩んでもらいたいと思います。

そんな環境を作ることに少しでも貢献できるなら本望にございます。




Guide
 
 

冬の京都へ

冬の京都へ

2月の連休

ホントは福井県へスノーキャンプに行く予定だったけど、豪雪により来ないでくれとキャンプ場から連絡が入る。

ぽっかり空いた休日、日帰りで冬の京都へ

前夜泊して早朝に京都入り、まずは駐車場を確保する。

IMG_3767.jpg 

そして、朝一の清水寺へ

IMG_3785.jpg 

しかし、まさかの改装中… 次に来るときの楽しみだね。

IMG_3793.jpg 

IMG_3796.jpg

朝一の京都は静かで最高です。


戦国時代から幕末時代に少し興味が出てきた息子

幕末時代は最高におもしろい時代だけど、複雑だから色々分かるのはまだまだ先だね。

今は分かりやすい新選組が好き

IMG_3797.jpg 



IMG_3806.jpg 

それから祇園に戻り歩いていると、舞妓さんデビューの瞬間に立会い

IMG_3812.jpg 

最後は一番のお目当ての金閣寺へ

急遽行った冬の京都、少し寒かったけど楽しめました。


実は年明けから英会話教室に通ってます。

独学で身に着けられるほどの頭も根気もないくせに、なんとかタダで楽して英語が喋れるようになれないかと色々と算段してみました。

でも、本気で英語を身につけたかったら、それなりのは費用と覚悟が必要だという答えが出ました。

IMG_3766.jpg 

誰しも英語が話せるようなりたい。

でも本気で勉強する人は少ない。

僕もその大多数の一人だった。

でも、今やらなかったら、この先ずっとないだろう。

僕は思い切って一歩を踏み出してみた。

Guide
 
 

リハビリ登山

リハビリ登山

12月中旬に肋骨を痛め、ほとんど何もできないという辛い日々を過ごしてきましたが、

少しは動けるようになってきたということで、リハビリ登山に行ってきました。

登った山は荒島岳

展望が良いので行ってみたいと思っていましたが、こんな状況でもないとなかなか行くこともない。

そういう意味でいい機会になりました。

P_20180116_085249.jpg 

道中は危険な場所は一切なし。

トレースもついていて、ラッセルもなくリハビリにはちょうど良い山でした。

P1160442.jpg 

P_20180116_114832.jpg

展望は聞いていた通り素晴らしい。

P_20180116_112508.jpg

やっぱり、山はいい。


一か月も何もできない期間が続くと、色々と考えさせられます。

七つの習慣でいう「第二の領域」については、もっと真摯であるべきだと思いました。

元気に遊べることに感謝です。


Guide
 

Menu

画像Clickで記事ページ

検索フォーム

キーワードで記事を検索

 

プロフィール

いっちまん

Author:いっちまん
好きなこと:旅をすること 岩を登ること 波に乗ること 山に登ること 映画を観ること 本を読むこと 写真を撮ること 珈琲を飲むこと

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索