おもしろ、たのしく、元気よく!

自然をリスペクトして、自然と仲良く遊びましょ!

クリックで
記事が開きます

edit-notes16.png 2018.01.22.

クリックで
記事が開きます

edit-notes16.png 2017.12.20.

クリックで
記事が開きます

edit-notes16.png 2017.12.08.

クリックで
記事が開きます

edit-notes16.png 2017.11.11.

クリックで
記事が開きます

edit-notes16.png 2017.10.31.

 

リハビリ登山

リハビリ登山

12月中旬に肋骨を痛め、ほとんど何もできないという辛い日々を過ごしてきましたが、

少しは動けるようになってきたということで、リハビリ登山に行ってきました。

登った山は荒島岳

展望が良いので行ってみたいと思っていましたが、こんな状況でもないとなかなか行くこともない。

そういう意味でいい機会になりました。

P_20180116_085249.jpg 

道中は危険な場所は一切なし。

トレースもついていて、ラッセルもなくリハビリにはちょうど良い山でした。

P1160442.jpg 

P_20180116_114832.jpg

展望は聞いていた通り素晴らしい。

P_20180116_112508.jpg

やっぱり、山はいい。


一か月も何もできない期間が続くと、色々と考えさせられます。

七つの習慣でいう「第二の領域」については、もっと真摯であるべきだと思いました。

元気に遊べることに感謝です。


スポンサーサイト
Guide
 
 

大切な時間

大切な時間

ドラマ「コウノトリ」で生前検診の題材があったので、

第1子ができた時に、こんなやりとりがあったことを思い出した。


妻:「羊水検査どうするって聞かれたけど、どうする?」

僕:「何それ?」

妻:「ダウン症かどうか分かるんだって…」

僕:「…受けない。その結果で、どうこうするわけじゃないから受ける必要ない。」


それ以来、妻は第2子の時も第3子の時も二度と同じ質問はしてこなかった。

きっと、僕に相談するまでもなく、医師から聞かれた時点で断っていたんだろう。


PA210168.jpg

実は10月から数週間、川崎病で入院していたハル

退院後も薬を飲み続けなければいけない状態でしたが、今月21日、最後の検査でOKが出ました。

IMG_3131_201710312219521c6.jpg 

入院中はしんどかったけど、家族五人で乗り切れたね。


IMG_3316.jpg

一日中、おもっきり子供たちと外で遊ぶと

自分にとっての大切な時間は、自分の山登りやクライミングではなく、ましてや仕事でもなく

こっちのほうだと素直に思える。

IMG_3298.jpg 

でも、自分の山登りやクライミングも諦めきれないとも素直に思える。

 
Guide
 
 

里山をゆく

里山をゆく

秋も終わり、冬が始まる頃

IMG_3366_20171208213150f13.jpg 

里山をゆく

IMG_3355.jpg 

夏の間は川遊びをした王滝渓谷BBQ場の駐車場から天下峰を歩く

IMG_3368.jpg 

IMG_3364.jpg

大きな岩の間を抜けたり、竹のトンネルを抜けたりと、けっこう変化に富んだコース

IMG_3369.jpg 

天下峰頂上でお昼を食べ、のんびりと里山を楽しみました。


そして、ある日の父は…

PC070230.jpg 

雪山をゆく

天気が良かったのでお気軽に木曽駒ケ岳でも登ろうと思ったけど、まさかのロープウェイ運休

行けるところまで行ければいいやと空木岳に変更

PC070230.jpg 

あわよくば登頂してやろう…と思ってたけど、そんなに甘くはありませんでした。

PC070225.jpg 

でも、朝の暗いうちから出発したら可能かも…



思い返すと19才の夏

バイクを買って行けるところまで行ってみようと、北に向かって走って大間まで行った。

同じ時間でも使い方によって、こんなにも濃い時間を過ごせることに気づいた。

その時から常に時間の使い方を意識してこれた。

このことは僕の中でけっこう大きいのではないかと、今になってしみじみと思う。


だから、これからも…

「一瞬の今を 千秒にも生きて  この嬉しさを 胸に 胸に 胸に刻もう」


Guide
 
 

秋の霊仙山

秋の霊仙山

IMG_3201_20171111065021c27.jpg 

夏はヒル地獄となる霊仙山

でも、秋はとっても快適な山です。

IMG_3133_201711110644371a0.jpg 

大混雑必至なので前夜泊し、朝7時に出発!
(下山してみるとやっぱり路駐の嵐でした…)

IMG_3159.jpg 

IMG_3173.jpg

最初は多少急登となりますが、紅葉の中を歩きます。

春先は新緑の森林浴になりそう。

IMG_3174_2017111106444120d.jpg 

そして、樹林帯を越えると景色が変わります。

IMG_3197.jpg 

標高1000mそこそこで、この景観は素晴らしい。

IMG_3183.jpg 

IMG_3195.jpg 

途中、ガスりもしたけれど、それもまたおかし。

IMG_3189.jpg 

登り3時間、下り2時間半

休憩しながらゆっくり登りましたが、コースタイム通りで歩けました。

IMG_3203.jpg 

下山時、8合目で休憩しようとしたら先に休憩している団体さんに、「蓮華さんですか~」と声をかけられてビックリ!

姉妹園の学童「えのみっこクラブ」ご一行さまでした。

その姿を見ていると、「蓮華も学童で繋げていかないといけないな」と思いました。

IMG_3211.jpg 

さくらさくらんぼという素晴らしい保育で、育だちあった子供たち

小学生になって離れ離れで疎遠になってしまってはもったいない。

今年度から夏休み期間のみ学童が立ち上がったが、一年を通して繋げていけたらいい。

IMG_3219.jpg

IMG_3232.jpg

春にはフクジュソウが咲く霊仙山

その時は蓮華学童で行きたいと思います。

Guide
 
 

今秋

今秋

IMG_2946.jpg 

10月前半、今秋は栂池へ

栂池の紅葉は若干おわりかけ…?

IMG_2974.jpg 

それでも楽しい紅葉ハイキングです。

紅葉のホントにいい時期ってのは賞味3日ってとこだな。

IMG_2976.jpg 

が故に貴重


そして、雨飾高原キャンプ場

IMG_3000.jpg 

IMG_3015.jpg 

気持ちよくて良いキャンプ場でした。


翌日は鎌池散策

IMG_3070.jpg 

IMG_3062.jpg

紅葉には少し早かったようですが、周囲はブナに埋め尽くされていました。

IMG_3112.jpg


そして敬愛する野俣氏訪問

P_20171009_132411.jpg

「ほおづき」なるものをいただきました。

IMG_3122.jpg

独特な味で美味しいです。

 IMG_3117.jpg

今回も充実した秋旅になりました。


PA210168.jpg 

しかし、その数日後、第3子ハル君が川崎病で入院…

後遺症も残らなそうで10日間ほどで退院できましたが、何が起こるかわからないってこのこと。

IMG_3131_201710312219521c6.jpg 

上の子二人は、それぞれ小学校と保育園の準備を勝手にやってくれるから助かる。

「自分のことは自分でやる」 さくらさくらんぼ保育のおかげです。

家族五人でなんとか危機を脱出できそうです。

Guide
 

Menu

画像Clickで記事ページ

検索フォーム

キーワードで記事を検索

 

プロフィール

いっちまん

Author:いっちまん
好きなこと:旅をすること 岩を登ること 波に乗ること 山に登ること 映画を観ること 本を読むこと 写真を撮ること 珈琲を飲むこと

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索