第3回男旅

第3回男旅

もし、余命があと1年だったなら、

「死ぬまでにやっておきたいことリスト」に確実にランクインすること。


 息子と一緒に山へ行く

P6201090.jpg

今回目指すのは西穂独標です。

P6201095.jpg

梅雨真っ盛りということで天気はイマイチ…

でも、一度掲げた目的地は、ちょっとアゲインストの風が吹こうが簡単には変えないほうがいい。
(人生も然り)

ただ、目標を達成するには、状況に合わせて手法を変えていくことが必要で…

当初の予定ではテント泊だったけど、雨だし準備不足だし山小屋泊に変更しました。

P6201097.jpg

西穂山荘までは思ったより近かった。

「あとどれくらい?」の問いに「半分くらいは来たかなぁ」って答えたところで西穂山荘に到着

P6201106.jpg

昼食をとってから独標へ。

P6201111.jpg

概ねガスってたけれど、ところどころ景色が開けてくれました。

P6201115.jpg

ちょっと挫けそうだったけど、

「頂上まで行けて力がついたことが分かったら、今度は雪のある時に連れてきてあげれるよ。」

って言ったら、頑張って歩けて登頂成功!

P6201121.jpg

今回の新しい試みとして、頂上でハーモニカを吹いてみました。

曲は、パズーが朝に屋根の上で鳩飛ばしながら演奏するやつ

これがまた気持ちよかった~!

「トローン」ってなるくらいにね…

これから山にはハーモニカ持っていくことに決めた。

P6201123.jpg

下りは余裕で西穂山荘到着

P6201138.jpg

P6211143.jpg

山小屋ではのんびりとした時間を過ごしました。

P6211145.jpg

翌朝、雨の中下山して、温泉入って帰りました。

第3回男旅も大成功です。

P6211151.jpg

今年度は仕事で帰りが遅くて、平日に子供と絡む時間が極端に少ない。

そんな中であっという間に3か月が過ぎてしまい、そうこうしているうちに子供たちはどんどん成長していってしまう。

「人生は決して長くない」ってことを、つくづく実感してしまいます。


人生を効率的に有意義なものにするには、

スティーブン・R・コヴィーのいう「第2の領域へ優先的に時間を割くこと」が本当に大切だと思います。


スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索