週休で 全山縦走 八ヶ岳

週休で 全山縦走 八ヶ岳

GW前半は山へ

本当は昨年敗退した北方稜線リベンジに行きたかったのだが、今年は日程が合わず…

そこで誘われた八ヶ岳全山縦走計画

前々から一度は八ヶ岳全山縦走をしてみたかったので乗っかってみました。


初日は勤務明けで、とりあえず編笠山を経て青年小屋へ

P4300589.jpg 

一番左に遠く見えるピークが最終目的の蓼科山

P4300595.jpg 

小屋の中ではストーブとこたつで暖まりながらビールを飲む

P4300603.jpg 

そして、その日は暮れていく


翌日は3時出発

P5010608.jpg 

徐々に夜が明けていく

P5010614.jpg 

八ヶ岳主稜、赤岳到達は7時過ぎ

その後、頂上小屋でゆっくり休憩し

P5010622.jpg 

横岳通過

この日は早々に雲が出て雪となる。

昼頃からは雷の恐れがあるため、それまでに黒百合ヒュッテまで行きたいところ

P5010624.jpg 

硫黄岳の下りからは雪から雹に…

風速は20mくらいはあっただろうか。

当然ながらとっても痛い。


でも、なんだかんだでお昼過ぎには黒百合ヒュッテに到着

P5010628.jpg 

外は湿雪

P5010629.jpg 

雷の音も聞こえたし、コーヒーを飲みながらゆっくり休憩

そして、だんだん気持ちも穏やかに…

「今日はもうこれでいっか。」ということで黒百合ヒュッテで宿泊しました。


翌日はまた、3時出発

P5020640.jpg 

5時には麦草峠に到着

北八ヶ岳に入ってからのピークはとくに何の感慨もなく、ただの通過点となる。

P5020648.jpg 

8時頃に北横岳

この日は超いい天気

P5020649.jpg 

そして、最後の蓼科山を目指す

 P5020654.jpg

11時 蓼科山

P5020653.jpg 

遠く右奥に編傘山が見える。

ピークは風もなく穏やかだった。


下から見るとすごく長そうに見える八ヶ岳だけど、案外余裕で縦走できるものだ。

次やるなら、厳冬期にテントかついでってのがいいかな。

でも、きっとアイスクライミングに行きたくなるだろうから、当分先にはなるだろうな。


スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索