夢職

夢職

IMG_1672.jpg
結婚4周年を記念して北海道へ行ってきました。


IMG_1646.jpg
初めての雪でテンション上がる。

IMG_1659.jpg
20分後、手の冷たさにテンション下がる。


僕はいつも北海道では「とほ宿」に泊まる。

「とほ宿」は一泊2食で5千円と低価格。

基本的に相部屋だがライダーハウスよりきれいで、食後の8時頃から宿のみんなで酒を飲む時間があるのが特徴。

この時に北海道の情報などを始め色々な話を聞くことができる。

普段の生活にどっぷり浸かっていると、どうしても考え方が固まってしまう傾向になるが、こうして色々な人の話を聞くと色々な考え方があるんだなと、また気づかされる。


宿の人が言っていた。

「今は無職の人は多いみたいだが、夢職の人は少ないね。」

以前、北海道は「夢職」の旅人が多かったが、今では旅人が少なくなり代わりに増えたのは観光客と外国人だそうだ。


幸か不幸か、僕は高校を卒業してすぐ就職した。

もし、僕に夢職の時期があったなら、幾分か今とは違う人生になっていたかもしれない。


今になって思うが、社会に出るのはできるだけ早くないほうがいいのかもしれない。

スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索